ニート、自立する

起業を目指していたけれど,それ以前の自立を目標に頑張ることにしたニートのブログ
スポンサードリンク
ブログランキングに参加中
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加中
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

今週は、エントリーポイントについていろいろ考えてみたので、その結果をまとめてみた。

ただ、その前提として
・資産や期待利益との兼ね合いから判断する投資金額
・利益設定額と損切り設定額
は固定して考えたときに、エントリーポイントはどうあるべきかを考える。

ちなみに自分の現状としては
投資金額:5000通貨
利益金額:15pips(¥750)
損切り金額:30pips(¥1,500)
目標勝率:70% で取引を実行してます。

そして、この設定のときに、いつ取引をするのか?を、今回チャートのみの視点で考えてみます。


チャートの基本形は波です。 上下に波を形成しながら ・上昇トレンド ・横ばいトレンド ・下降トレンド のいずれかで推移しています。
そして現時点では、自分の方針として ・上がっていたら買う、下がっていたら売る という方針で最初に設定した勝率70%を目指します。 そこで、上昇トレンドの時に「買って売る」を事例にエントリーポイントを考えてみました。
チャートとエントリーポイント

おそらく、エントリー→決済までの流れで考えられるのは図に示す4つのパターンです。 実際に細かく分類すれば③+④の組合せなど、いろいろあると思いますが、基本としてはこの4つに分類できると思います。

そして、エントリーポイント、決済値、利益設定、損切り設定で形成される四角形とチャートが上手く①、③に当てはまるタイミングと思ったときに購入するべきといえます。

なので、チャートから判断する場合には、上昇しながらもUを形成しそうになったタイミングでエントリーすればかなりの確率で勝てるはず!!

と、まぁ理論的に言うと本とかにも書いてあって当たり前のことなんだけれど、これがなかなかできない。 なぜなら、①、③と思っていたら④になることが多いんです。 つまり、この見極めが難しい・・・ なので、今は経験と直感という非常に属人的な方法でなんとか70%の勝率を目指しているわけですが・・・

これについては、タイトルが①となっているように②で考察してみようと思います。
スポンサーサイト
ブログランキングに参加中
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

 今週の取引結果(2013.8.26-2013.8.29)
エントリーポイントについての考え方ですが、
・上がっているときに買う
・下がっているときに売る

という考えに基づいて実行しました。ちなみに、上がっている、下がっているの判断は自分の独断です。
その結果がコチラ

8月26-29

取引収支:-614
勝率は60%

実際に、タイトルのようなパターンを意識したのは今週の3連敗後なのでそういう意味で言えば、かなり良い結果と考えています。

理想としては、現在直感的に判断している上がり、下がりをチャートやMACDなどからきちんと判断できるようにしたいのですが・・・

まだまだ研究が必要です。





 | Copyright © ニート、自立する All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。